投稿者「nagomi」のアーカイブ

知らぬ間に睡眠障害。

眠くて、眠くて、いくらでも眠れる感じ・・・・・という方がいます。

確かに春に向かっていることで眠いこともありますが、実際それなりの時間寝ているのに、寝たりない、寝た感じがしない、眠りが浅い、疲れが取れないなど・・・良い睡眠状態が取れていない方がとても多いです。

一つの要因、2月の異常な陽気で脳が固くなっていることによる自律神経中枢の緊張が睡眠障害を引き起こしています。

寒暖差・低気圧の激しい変化が繰り返されたこと。

結果、睡眠が上手に取れないことで日中疲れてしまい、悪循環。

様々な症状が出やすくなり、とても体調管理が難しくなります。

早めの対策が必要。

駒沢なごみカイロ。

 

 院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

 

 

 

陽気の変動による自律神経。

週末、暖かい日が続いたことで新陳代謝が上がり、それに対して自律神経がついていけない状態になっています。

結果的に、頭が大きく、また固くなってしまい全身の筋肉の緊張が起きてしまいます。

特に、使いすぎた筋肉の炎症が起こりやすく痛みの症状が出やすくなります。

同じ姿勢の長時間作業や過度の運動に気をつけましょう。

陽気の変動による影響がとても大きいです。

駒沢なごみカイロ。

 

 院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

 

 

花粉症と肝臓。

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ。

花粉症の代名詞です。花粉の飛散量によっても症状が違いますが、肝臓の状態でかなり症状が違ってきます。

寒い冬の時期に肝臓に負担がかかった、風邪をひくなど免疫力も低下させた方は特に花粉症状が強く出てしまいます。

お酒・寝不足・過度の運動など肝臓に負担になることを控えることが大事です。

駒沢なごみカイロ。

 

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

 

息苦しい。

息苦しさを感じるという方が多いです。

確かに、コロナ禍故に感じることもありますが。

一番に、寒暖差による自律神経中枢の緊張や硬化で頭が固くなっていることで、横隔膜が緊張してしまい呼吸がしにくい状態になっていることが多いです。

横隔膜の動きが小さいことで息を長く吐けなかったり、息を吸いにくい状態になります。

意識して呼吸をしないと息苦しい状態です。

肺呼吸は知っていますけど脳呼吸は聞いたことはないと思われます。

肺呼吸と同じように、脳も同じように呼吸をしています。ですから頭が固くなると、呼吸が浅くなり、特に横隔膜の筋肉を緊張させてしまい呼吸も浅くなるので息苦しさを感じてしまいます。

頭を柔らかくすることで横隔膜も緩みやすく結果的に呼吸しやすく息苦しさがなくなります。固い状態が長く続くことで全身の筋肉も緊張しやすく肩こりや腰痛そして頭痛なども起きやすいので注意しましょう。

駒沢なごみカイロ。

 

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

 

のどの違和感と腰痛。

のどの違和感がある、腰が痛い。

のどの違和感と腰の痛み両方。

という方がちょこちょこいます。共通して内蔵、腎臓の反応がありました。

疲れ、寝不足のほかに陽気の変動特に急激な気温上昇が要因になります。

夏のような暑さではないのですが、冬の生活の中で気温が急に上がる、暖かくなることは体感的には気持ちはいいのですが、脳やカラダにはストレスに感じます、特に自律神経が乱れやすいので、過敏に反応してしまう方は、のどや腰の痛みの症状が出てしまいます。

陽気の変動を感じたり、少し暑く感じたときは、豆に温度調節をすることが重要です。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

陽気の変動と自律神経。

陽気の変動による自律神経の乱れがいろいろな症状を起こしています。

呼吸の乱れによる息苦しさ・血液循環の乱れによる血圧上昇・消化吸収の乱れによる胃のもたれやおなかの張・睡眠障害・めまいなど・・・不定主訴。

陽気の変動・一日の寒暖差の影響が要因です。

なごみ流手上げ体操や呼吸法をまめにやって脳への圧迫ストレスを緩めて脳内血流を良くすることが自律神経の安定につながります。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

肝臓疲労。

寒暖差・花粉などのアレルギー症状の方、風邪?と間違える症状が出ています。

肝臓へのストレスが原因のアレルギーの方が目立ってきています。

ほかにも、背中の痛み、ひざの痛みも関連していることが多いです。

症状が出ている方は、お酒・過度な運動・睡眠不足・カフェインと取りすぎなどに気をつけましょう。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

脾臓・リンパへの感染。

今週も肝臓に反応が出る方が多くみられます。

同じぐらいに、脾臓・リンパにも反応がみられる方が多くなっています。

体内に細菌・ウイルス・老廃物が増幅、寒さの影響が大きいです。

結果的に、脾臓の負担が増すことで関連の深い首・肩の筋肉の僧帽筋の緊張・硬化が強く、痛みの強い肩こりや頭痛を起こしやすくなります。

長時間同じ姿勢の作業(仕事)・過度の運動・睡眠不足などが症状を強くしてしまいますので注意してください。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

 

他力本願から独立独歩。

疲労・細菌・ウイルスによるストレスが肝臓に負担になっています。

まだ軽いアレルギー症状ですが、くしゃみ・鼻水の方が増えてきています。

すべての方が、免疫力・生命力が低下していることが大きいと思います。

自分に適した運動(やりすぎは注意)・十分な睡眠・食事(必要な栄養)がベースになります。

自分のカラダは自分で管理そして、自分で守るという意識がとても大切です。

他力本願から独立独歩で行きましょう。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。

 

2020年。

今年は新型コロナウイルスに振り回された年になりました。

振り返ってみて、やはり自己免疫の凄さ・大切さを感じました。

来年も、まだまだ状況は厳しいと思いますが、改めて健康であることの喜び・感謝を意識して皆様の健康に少しでもお役に立てるように頑張りたいと思います。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。