月別アーカイブ: 2014年3月

頭痛・・・3

こめかみの痛みと頭が重い感じ。

こめかみの痛み症状も多いですね。血圧が上がっている時が多く、

内臓では、胆のうの機能が低下していることが多いです。

精神的にも不安定で耳鳴りやめまいが起こることが多いですね。

その逆に、血圧が下がっている時に、頭が重い感じの症状が多いですね。

副腎という内臓の機能が落ちていることが多いです。

共に、脳に圧迫をかけていることが原因です。

こちらも、胆のう、副腎の緊張を緩めてあげて、脳への圧迫を取り除くことが大切です。

頭痛・・・2

偏頭痛持ちの方も多いですね。大概、筋緊張性の頭痛も抱えています。

偏頭痛は、ホルモンのバランスや耳の問題も関係していますが、

共通して左右どちらかの腎臓が下がって、腎臓に関係の深い大腰筋の緊張が背中、首の筋肉に緊張を与えます。

結果、血流が悪くなり偏頭痛となります。

腎臓を緩めて循環を良くしてあげることが大切です。

頭痛

頭痛にも、いろいろあります。一般的に多い筋緊張性頭痛。

こちらは、頭の後頭部の痛みと、あご・側頭部の痛みが多いですね。

頭痛の場合ほとんどが血行障害がおきていますが、これは結果であって原因ではありません。

では、どうして血行障害がおきたのか?

ほとんどの場合、内臓の循環の低下していることが多いですね。

後頭部の痛みの場合、脾臓やリンパの機能が低下したことで、

脾臓に関係が深い僧帽筋という筋肉が後頭部から首そして肩につながっています。

この筋肉の緊張が長く続いたために血行がわるくなり、酸素・栄養などが不足して後頭部の痛みがでます。

顎・側頭部の痛みは、内臓の腎臓と大腰筋という筋肉の機能が低下したことによる筋緊張が起きたことで痛みが出ることが多いッです。

仕事など長い時間緊張がつづき疲労が蓄積された反応です。

内臓の循環をまず良くしてあげることが一番です。

 

 

風邪症状

今週もまだ寒い日が、つづいています。鼻、のど、咳などの風邪症状が長引いている方が多いですね。

長引くほど免疫力が低下していき、内臓の循環が悪くなり回復力も落ちます。

風邪症状が長引くと内臓の脾臓が疲れてしまい、首、肩の筋肉の血流を悪くしてしまい、肩こりを悪化させます。

そして、血流障害から脳に運ばれる酸素、栄養が不足して頭痛、めまい、だるさなどが起きます。

ポイントは、風邪症状が軽いうちに十分な睡眠をとって長引かさないことがとても大切です。

どうしても、仕事などで帰りが遅く、寝る時間が少ないために回復が遅くなってしまうようです。

現代人に、頭痛持ちの方が多いのがわかります。

頭痛にもいろいろあります。次回は頭痛についてお話します。