月別アーカイブ: 2014年8月

夏バテ症状・・・2

今週も、腰痛を訴える方がとても多かったですね。

やはり、暑さが大きな要因だと思います。

少しずつ疲れがたまってきて、睡眠時間の少ない方はなおさら疲れが抜けなくなっているでしょう。

睡眠時間も大事ですし、夏は、睡眠のとり方がとても大切になります。

寝る部屋の温度設定がカギになります。

エアコンで、部屋の温度を、22℃~24℃合わせて、

冬布団をかけて寝ることが大事です。

部屋の中は、冷えすぎているように感じるでしょうが、一番いい睡眠をとれる季節、

三月ごろの陽気です。

疲れを取るには、頭寒足熱です。

頭(脳みそ)をこの温度で冷やして、顔から下は、冬布団で温めることが大事です。

因みに、私は、12時~4時までタイマーセットして寝ています。

寝起きもいいですし、昼間もカラダがとても楽ですね。

夏バテ症状

梅雨も明けて夏本番。子供たちには楽しい夏休み、

しかし、もう夏バテ気味の方が多いです。

カラダが、だるい、重いなど、

暑さのため、自律神経の働きが落ちているからです。

ここのところ、腰が重い、痛いなどの症状の方が見えられています。

軽めの、ぎっくり腰状態を起こしている方が多く観られます。

原因は、暑さにより内臓が疲れすぎて、大腰筋という筋肉の収縮です。

この筋肉の収縮が、骨盤のゆがみを発生させ、

腰回りの筋肉を緊張させ、

結果、血行障害が起きて、ぎっくり腰になってしまいます。

この、大腰筋を緩めてあげることがとても大切です。

ぎっくり腰にも、重度、中度、軽度ありますが、

経験のある方はわかるでしょう、

痛い、つらい、動けない、イライラするなど、ストレスにもなります。

ぎっくり腰や夏バテにならないためにも、カラダのメンテナンスが大切ですね。