月別アーカイブ: 2014年10月

気温の低下

気温の低下によって、免疫力が下がっている方が増えてきました。

症状的には、のどが痛い、鼻水が出る、花粉症のような鼻がムズムズすると言った、

風邪症状の方が多いです。

これからもっと寒くなると、いろんなウイルスが活発になってきますので、

免疫力が低下していると、すぐにウイルス感染しやすく、

重い風邪症状になってしまいます。

そして、症状が治まってきたころに、ぎっくり腰や寝違いを起こす方も多いです。

これは、ウイルスによるもので、免疫力が低下している時は、なんでもありですね。

免疫力が極端に低下している方は、副交感神経がとても元気がない状態です、

仕事がとても忙しく、睡眠不足でカラダがいつも、緊張状態の方。

要注意です。

週末休まれても、全然疲れが取れない方は、副交感神経がかなり低下していると思ってください。

冬の前に、副交感神経を元気にして、免疫力をアップさせましょう。

 

部分的な痛み

だいぶ過ごしやすい陽気になってきました。

ただ、朝・昼・夕の気温差が大きいですね。

今週は、部分的な処の痛みで見える方が多いです。

首が痛い、肩が痛い、背中が痛い、腰が痛い、お尻が痛い、膝が痛いなど・・・・・

やはり、気温の低下により、その人の弱い処が強く出ます。

弱いところは、硬くなっていて血流がわるくなっているので、

気温が下がると、血行が悪くなるのでなおさら筋肉などが硬くなり、

そこが詰まる感じになり、痛みが強く出てしまいます。

硬いところをそのままにしておくと、関節を痛めてしまうことがあります、

たとえば、肩の周りの筋肉一つが硬くて、そのままにしておいたために、

肩の関節、いわゆる四十肩、五十肩のようになってしまいます。

関節の炎症まで起こすと治るまでかなり時間がかかりますので大変です。

部分的に硬くて、痛いところがあったら、早めに緩めてあげることが大事です。