月別アーカイブ: 2015年2月

回復力の低下

つらい症状が、なかなか楽にならなくて、ぶり返している方が、

多いですね。

共通して、リンパの流れが悪くて、痛み、しびれ、むくみなど・・・・・

取れない方が目立ちました。

やはり、陽気の影響が大きくて、

自律神経のバランスの維持がとても難しくて、

免疫力が、かなり低下してしまっています。

ですから、すべての症状の、回復力が低下してしまい、

いつまでも、つらい状態がとれないでいます。

回復が遅い方は、脳脊髄液、血液、リンパ液などの、

体液の循環が悪いので、流れを良くすることが一番大事です。

回復が長引くと、それがストレスとなって、

症状を、悪化させてしまいます。

ここ、1~2カ月調子が悪いという方が多かったですね。

慢性化した症状

ここ数年、症状が慢性化している患者さんがとても多いですね。

慢性化というのは、痛みなどはあまり感じなくて、

疲れが取れない、朝、起きれない、カラダがだるい、寝付けない、熟睡できない・・・・・・・

など、年のせいかなあ~と思われている方が多いようです。

これは年のせいではなく、

カラダの不調を何年も、放置していたことが最大のストレスとなり、

慢性状態になっているのです。

それは、コップの中の水が満杯で今にもあふれる寸前、

少しでも揺れたら、溢れるれる状態です。

寒さ、季節の変わり目、仕事などのからの疲れ、睡眠不足、病原菌、ウイルスなどで、

コップの水が、一気にあふれてしまい、

急性症状、ぎっくり腰、寝違い、めまい、頭痛など。

いつも、コップの水を半分ぐらいにしておくことが大事です。

普段からの、カラダのメンテナンスがとても大切で、必要ですね。

 

陽気の変動

陽気の変動が、激しすぎてカラダが付いていけないですね。

症状は、何でもありという感じです。

とにかく、回復力が、無くなっていますので、

気力で、頑張っているような感じで、

休日は、動けなくて、寝ているという方が多かったですね。

私も、かなり免疫力が落ちている感じがします。

心と身のバランスが乱れている感じです。

 

気の流れ

気の流れ?・・・・・なんだろう。

気・血・水の流れ。

気の流れ⇒自律神経。

血⇒血液。

水⇒リンパ。

そうなると、自律神経の乱れが、血流・リンパの流れも悪くなる。

こう寒いと、交感神経が強い状態になり、副交感神経が弱くなっている状態です。

カラダが、疲れやすく、回復力が低下している感じです。

結果、気の流れ(自律神経)が乱れ、血(血液)、水(リンパ)の流れが悪くなることで、

筋肉などが硬くなり、こり、痛み、むくみ、などを、

首、肩、背中、腰、上肢,下肢に及びます。

気の流れは、川の流れと同じで、流れが止まると、

水も腐ります。

気の流れが、カラダの健康の源ですね。