月別アーカイブ: 2015年4月

循環機能の低下

今週も引き続き、陽気の変化にカラダが付いていけない感じですね。

朝から、カラダが重い感じで、動けない・・・・・

という方も多く、これは、腎臓の機能が低下していて、

リンパ、血流がわるくなっていて、

カラダがむくんでいるような感じです。

まるで水の入った風船が、パンパンになっているような感じです。

このような状態だと、水を飲むだけでむくんだり、太ったようになってしまいます。

免疫力も低下していますので、

腎臓だけでなく、他の内臓機能も高めてあげることが大切です。

寒暖の差

今週も、体調不良の要因として、気温の変動が気になりました。

こんなにも、寒暖の差が大きくて、繰り返されると、

カラダが付いていけなくなりますね。

特に、体質的に過敏に反応しやすい方は、

自律神経の、バランスの不調から来る症状が多く観られました。

部分的な症状もありますが、カラダ全体が重くて、

動けないような感じ・・・・・・・・

朝から、頭が痛い、だるい、起きれない、むくんでいるなどの症状の方は、

脳の圧迫が強く、血流も悪くなっています。

そして、体液の循環も悪くなっていますので、

なかなか自己回復ができなくなっています。

睡眠を十分に取っていても、

朝から調子が悪いことが長く続いている方は、

一度、カラダのメンテナンスをしてリセットされたらいいですね。

冬の様な・・・・・

冬に逆戻りしたような今週ですね。

今週に限った事ではありませんが、

風邪引きさんが多いですね。

こんなに、気温の変化が大きいと仕方ない感じもします。

特に、自律神経の副交感神経の働きが低下していますので、

気管が狭くなり、花粉やほこりに敏感に反応してしまい、

喘息のような咳が続いている方が多いですね。

風邪だと思っている方も多く、ずうっと薬を飲んでいる方もいます。

薬を飲んでいても、一向に治らない方は、

副交感神経の低下かもしれません。

桜満開そして腰痛

あちらこちらで、桜が満開ですね。

今年は、花見ということはしませんでしたけど、

目に入る桜はとても、きれいで心が和みました。

今週は、気温もかなり上がって、お花見にはよかったのですが、

急に、20度以上の日が続いたことで、

内臓、特に腎臓の負担が大きかったことで、

腰回りの筋肉の血行が悪くなり、

ドン痛の様な、ときには軽いぎっくり腰の様な症状の方が多く観られました。

4月、5月はこのような症状になりやすい時期ですので、

注意が必要ですね。