月別アーカイブ: 2016年1月

脳血流の低下

今週は嫌な天気ですね。

中日2日、3月の陽気があったと思えば、

翌日は寒い雨、低気圧です。

寒い、温かい、低気圧、雨と一週間に、こんなに変動が大きいと、

カラだがついていけなくなる方が増えそうですね。

こういう天候だと、体液の循環が悪くなり、頭が大きくなって、

脳内の血流も低下してしまいます。

すると、めまい、頭痛、耳なり、首のはり、肩こりなどなど・・・・・、

様々な症状がでてきます。

こんな陽気のときは、寝る前に、以前にもお知らせしました、

手上げ体操をやってから寝ましょう。

炎症症状・・・2

今週も引き続き寒さが厳しいですね。

月曜日には雪が積もり、交通機関が乱れました。

体内でも炎症症状が起こって乱れている方が増えてきました。

寒さ、低気圧の影響が大きいと思います。

そして、周りでもどんどんインフルエンザが増えてきていますので、

本格的な風邪がはやりそうな気配ですので十分注意が必要ですね。

肩甲骨間部の痛み、頭を後ろに倒すと肩甲骨の間が、

首をねちがいたような痛みを訴える方が何人かいました。

脾臓、肝臓の機能が落ちていること、そして寒さ、低気圧の影響もあって、

急性ぎっくり背中のようになってしまった感じです。

痛みのある所や、肝臓、脾臓は炎症を起こしていますので、

血流を回復させて、循環を良くしてあげることが大事です。

カラだを冷やさないようにして、睡眠を十分とりましょう。

「冷えは万病のもと」

と言いますから。

炎症症状

急に寒くなって、布団から出るのが辛いですね。

風邪がはやりそうで心配です。

寒くなったことで、カラダがこわばりやすく、筋肉が硬くなって、

コリが強く出て痛みを感じることさえあります。

この痛みを専門的に、疼痛と言いますが、

4大炎症、疼痛、発熱、発赤、腫脹があります。

硬くなった筋肉は、血流やリンパの流れも悪くなるので、

循環機能も低下します。すると、寒くなったことで、

体外、体内のウイルスも増えて、炎症をおこします。

このときの炎症は、腫脹(硬くはれる)。

肩こりなどのコリを悪化させてしまいます。

この炎症がらみのコリが慢性化してしまうと、

揉んだぐらいでは取れなくなり、肩にコブの様になったいる方もいます。

慢性にしないためにも、疲れを感じたら、

早めに、十分睡眠をとることが大切で、一番の予防になります。

炎症までいかないように気をつけましょう。

 

 

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今年は、暖冬、過ごしやすい感じがします。

症状が強く出ている方は少ないですが、

年末年始の疲れなどで、

免疫力が落ちている感じですので、

これから、急に寒くなった時要注意ですね。

今年は、健康で無理の効くカラダづくりを目標に頑張りましょう。