月別アーカイブ: 2016年11月

スーパームーン

東京では、先週のスーパームーンは、残念ながら見られませんでした。

満月時に,潮位・出産が多い・地震が起きる・・・・・といわれています。

人間のカラダにも影響があります、

血管などが拡張することで、偏頭痛や関節痛、だるさ・・・・

今週は、そのスーパームーンの影響も絡んで、普段の症状以上に、

辛い状態になってしまった方がとても多く見られました。

引力・重力・気象など自然界が人間のカラダに与える影響がとてつもないことに、

改めて驚かされました。

人間は、自然界の中で生かされているなあーと思いました。

腕・肩の痛みと胃の関係

手首、ひじ、肩などの腕の問題が、胃から来ていることがあります。

特別何したわけでもないのに、ひじが、肩が痛いと言われる方がいます。

共通して、胃が硬くなっていたり、下垂していたりなど機能が低下していました。

外傷や、特別に長い時間腕を酷使したなどの原因がない時は、

胃が原因の事が多いです。

胃が硬くなったり下垂すると、横隔膜が緊張し心臓も下がり、

手首、ひじ、肩などの問題を起こします。

時には、動悸、息切れ、不整脈なども起きることもあります。

病理的には胃に異常はないが、調子が悪いという方がとても多いです。

みぞウチの下を押して硬かったり、痛みを感じるようであれば、

胃の機能が低下していると思います。

冷えや疲れ、睡眠不足に気をつけて、胃の循環を良くすることが大事です。

急性症状

木枯らしが吹いた今週。

秋が短くもう冬の様な陽気です。

急激に寒くなると、やはり自律神経の影響が多気ですね。

特に、内臓機能が低下による、急性症状が出てきています。

しびれ、寝違い、ぎっくり腰、めまいなどが目立ってきています。

対策として、激しい運動、睡眠不足、お酒の飲みすぎは注意。

そして、寝る前、朝起きた時の手あげた体操をこまめにやりましょう。

脳血流と体液の循環を良くすることが大事です。

突発性難聴

先週に引き続き、自律神経の機能が低下しています。

疲れ、睡眠不足などで、免疫力も低下しやすいので要注意です。

免疫力が低下することで、体内ウイルスが増殖し炎症を起こりやすくなります。

耳(内耳神経)でウイルスによる炎症が起こると、強い耳鳴りや、突発性難聴が起こりやすいです。

治療的には、強い薬で対症療法で炎症を抑える様ですが、

炎症を抑えること自体が、免疫力を後退させることですから、本来逆効果になります。

突発性難聴を発症するまでには、かなり長い時間疲労、睡眠不足などのストレス状態があったはずです。

脳血流や体液の循環を良くすることで、免疫力を高め、炎症を抑えることが必要です。

知らずに無理をしていますので、十分睡眠を取ること、睡眠を取っても疲れが全然回復しないようでしたら、要注意です。

疲労という領域を超えていますので、寝ても回復しにくい状態になっています。

内臓や筋肉の浮腫や硬化が起こり、体内ウイルスによる炎症が起きやすくなります。

自己免疫力を高めるためにも、内臓・筋肉の自律神経機能を高め、

脳内の圧迫ストレスを下げることがとても大切です。後は、人間備え持っている、

自然治癒力に任せるだけです。