月別アーカイブ: 2019年8月

気温の変化に注意。

暑い日が続いている中でも、急激な気温変化、低下があります。

気温が下がる事はカラダも楽でいいのですが、急激に下がる事で自律神経が付いて行けなくて乱れやすくなります。

気温が上昇より、急激に下がる事に弱い自律神経ですので、突然発作や局部的な痛みが強く出たりしますので、過敏に反応する人は注意しましょう。

 

駒沢なごみカイロ。

脳圧上昇による生命力低下。

生命力が落ちている人の共通点は、落ち過ぎて局部の痛みではなく、カラダが動かない、とにかく辛い、何もできない、したくないと言った状態です。

夏バテ状態を10倍・20倍にした感じ。

当事者でしかわからない辛さです。

カラダの、循環器系・呼吸器系・消化器系が代謝異常ですべてシャットダウンしてしまった様な。

病院では、異常はない、疲れ、ストレスですねと言われた。

確かに、病理的には異状はないのです。

脳疲労、脳圧上昇による中枢神経の衰弱が続いた事による、大脳の血流障害が原因です。

脳圧を下げて血流を良くすることが必要です。

 

駒沢なごみカイロ。

豆に続けましょう。

今週も引き続き、熟睡できない、だるい、ボーっとする、夏風邪、胃腸不調など・・・

続いています。

自己管理といっても、相手が気象、自然界ですので難し処はあります。

ですから、涼しくなるまでは豆に、睡眠時の温度管理が一番になるので、ここだけは豆に注意してください。

なごみ流温度設定と、寝る前の手あげ体操を続けましょう。

 

駒沢なごみカイロ。

暑さによる自律神経の衰弱・・・3

暑い日が続いています。

夏バテになっている人が多いと思います。

内臓が夏バテ状態による症状が見られます。

特に、肝臓と腎臓です。

強い痛みというより、重だるくて苦しいと言う感じ。

腰が重だるい、足が重だるい、腕が重だるい、首が詰まっている様な重さなど。

暑い日が長く続いている事で、内臓自体も代謝機能が悪くなっていますので肝臓と腎臓と関連のある筋肉に痛みなどが出たり、循環機能の低下による浮腫みや発作が起きたりします。

涼しくなるまで、必要異常な動きをしない事。

寝る前に手あげ体操で十分頭を小さくしてから良い睡眠に入りましょう。

 

駒沢なごみカイロ。

暑さによる自律神経の衰弱・・・2

先週に引き続き暑い日が続いています。

熟睡できない、頭がボーっとする、声が出にくい、風邪症状、息苦しいなどの症状がみられます。全体的に生命力が低下しているので、あまり強い症状が出ない事が特徴です。

夏バテ特有のカラダのだるさを感じている人が多いと思います。

症状の中で、のどの違和感や声が出にくいと感じている人は風邪の後遺症喉によるのどの筋肉の硬化が原因である事が多いので、頭の緊張を緩めることで、横隔膜の緊張も緩み喉の緊張が解ける事で喉の違和感や声が出にくいなどの症状が緩和されやすくなります。

ですから、むやみに薬を長く飲み続ける事は意味がなく、逆に内臓にストレスを与えることにもなりますので要注意です。

駒沢なごみカイロ。

 

暑さによる自律神経衰弱。

ボーっとする・起きれない・だるい・風邪っぽいなどの人が増えています。

暑さによる自律神経の衰弱が原因とみられます。

カラダをコントロールしている自律神経機能が低下している事で生命力の低下が回復を悪くさせています。

三大健康要因。

食事・運動・睡眠になります。

中でも、睡眠がこの時期とても大切です。

睡眠時間の量そして、質。

自律神経の衰弱は睡眠が一番の特効薬になりますので、なごみ流手あげ体操をまめにやって寝る事が大事です。

忘れずにやりましょう。

 

駒沢なごみカイロ。