急激な気温低下。

急激に気温が下がった事で、神経血管障害による痛みが強く出る、しびれが出る、痙攣がおきるなどが目立ちます。

カラダの温度調節を担うのが自律神経です。

この自律神経が、仕事などで疲弊している状態だと、急激に気温が下がった事に対応が出来ず、体調を崩しやすく、風邪などを引きやすくなります。

菌・ウイルスによる風邪が流行っていますので、一番の特効薬である睡眠を十分にとる事が大事になります。

質のいい睡眠を取るためにも、寝る前の手あげ体操やってグッスリ寝ましょう。

駒沢なごみカイロ。