急激な気温上昇に注意。

自粛連休に入ったゴールデンウイーク。

天気もいい感じですが、急激な気温上昇による体調不良を起こしやすいので十分注意が必要です。

気温が25℃にも急激に上がる事で、一気に代謝が亢進する事による腎臓負担が起こり、急性のだるさ、頭痛、腰痛が起こりやすくなります。

自粛で家にいる時間が多いので部屋の温度をまめに見ながら時にはエアコンを使って調節する事が大切です。

自分の感覚ではなく、温度計、湿度計などでチェックする事が大事です。

カラダの体温調節をつかさどる自律神経を乱さないためにも、まめに温度調節に気をつけましょう。

駒沢なごみカイロ。

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。