寒暖差アレルギー

日中の寒暖差が大きいことによるアレルギー症状。

かゆみ・鼻水・鼻づまり・のどの違和感など・・・・

風邪症状に似ています。

アレルギーなのか風邪なのか?

どちらにしても体調管理が難しいです。

免疫力が低下しているとどちらの症状も強く出ますので、免疫力を落とさないことが一番ですね。

当たり前のことですが、よく食べられ、よく寝れることが大切です。

食べれない、よく眠れないという方がとても多いことが気になります。

寒暖差による内蔵機能が低下することでアレルギー症状が出やすいので、体液の循環をよくすることが大事です。

駒沢なごみカイロ。

 

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。