交感神経優位。

交感神経優位の時期なので血管障害の症状が出やすくなっています。

血管の収縮による血流障害。

痛みの強い頭痛・肩こり・腰痛そして、発作が出やすいので注意が必要です。

脳・心臓で起きる発作も多くなるので注意、温度差の激しいところに移動する際は特に気をつけましょう。

ちょっと、そこまでと思っても薄着で出てしまったり、温度を上げすぎたり・・・適温に気を付けることが大事です。

昔から、「冷えは万病のもと」といわれるように体が冷えると免疫力も低下しますのでいいことはありません。

冬は交感神経優位の季節です、寒さ以外睡眠不足・過度の運動などにもきをつけることも大事になりますので気をつけましょう。

駒沢なごみカイロ。

 

院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。