知らぬ間に睡眠障害。

眠くて、眠くて、いくらでも眠れる感じ・・・・・という方がいます。

確かに春に向かっていることで眠いこともありますが、実際それなりの時間寝ているのに、寝たりない、寝た感じがしない、眠りが浅い、疲れが取れないなど・・・良い睡眠状態が取れていない方がとても多いです。

一つの要因、2月の異常な陽気で脳が固くなっていることによる自律神経中枢の緊張が睡眠障害を引き起こしています。

寒暖差・低気圧の激しい変化が繰り返されたこと。

結果、睡眠が上手に取れないことで日中疲れてしまい、悪循環。

様々な症状が出やすくなり、とても体調管理が難しくなります。

早めの対策が必要。

駒沢なごみカイロ。

 

 院内対策として。

アルコール消毒をはじめ、院内空間除菌消臭として、弱酸性次亜塩素炭酸水を常時噴霧しています。

弱酸性次亜塩素炭酸水の特徴・・・弱い菌から強い筋・ウイルス(コロナ・インフルエンザ・ノロ)など強力な除菌力。そして、アルコールと違い手、肌に優しく臭いがほとんどない事。ペットの臭いの消臭力。口に入っても安全。